people

2016年02月22日

ともだち

mini雲はみんな横顔だ

一昨日は「奥村まことさんのお別れ会」でした。2016年2月11日、ご自宅よりたいへん穏やかに、すうっと、とびたたれたという建築家奥村まことさん。享年85歳。
人生全うした時に、多くの人が、一堂に会して偲びたいと思う、そんな人であるために必要なのは、スター性というものなのでしょうかねぇ? 特別な人のみに思うのではなく、あらゆる人に対して生前のご縁に感謝しつつ偲びたいと、潜在的には思っているのでしょうが、なかなか物理的にそれが叶わないことも多く・・・。
スター性だけで集まった人々の想いは、フワフワ方向性定まらずどう偲べばよいか?となり、結果既成の方式に則るという選択にたどり着きがち。ところが故人の人徳にそのお友達の人徳が加わると、オリジナリティある素敵な心に残る温かなセレモニーが開ける!ということを教えて頂いたのは、2013年4月2日明日館で開催されたまことさんの夫であられる奥村昭雄さんを思い出す会でした。まことさんとのお別れ会ではさらに、住まいが一堂となり得るには、庭が有り、住まいが庭に開かれていること、そしてスペースが転用できることがとても有効だということも教えて頂きました。
奥村夫妻は、間接的にしか接点のない人にも分け隔てなく沢山大切なことを教えてくださった。住まいの役割は本来こんなに大きいものなのだったということ、ともだちという言葉、改めて大切なものだと実感致しました。
まことさん、そのお友達の皆さま、お別れ会の調理場に立つという貴重な経験をさせて頂き、ありがとうございました。人のつながりが美しいと思えて、幸せでした。
トップの画像は開催挨拶文に添えられていたまことさん作の絵。
こんな絵を描いてくれる人が傍にいる子どもたちはしあわせだな〜。
まことさん、時々雲になって横顔を見せて下さいね〜。出会えて、良かった!!

2010年06月05日

まことさん

先日夕刻より奥村まことさんの事務所へ。
まことさんは13回に亘り、女性建築技術者の会の機関誌『定木』に原稿を寄稿してくださいました。今度はどんなことを書いて下さるだろう・・・と、毎月それはそれは楽しみにしておりました。残念ながら先月号で連載はおしまい。そこでまことさんへの感謝パーティを開こう!ということに相成りました。

かるた

まずは乾杯の後に、まことさんが手書きで作ってくださった「エコいろはかるた」で
昭雄先生もご一緒にかるた大会。数枚残すところではみなさん童心に戻って大盛り上がり!  ハイ、私ははじめっから童心でしたので、一番たくさん取りましたよ。
読み札をひとつご紹介しますと、
「め」は「目立つ豪華1点主義」で、これは豪華1点主義を否定することかと思いきや、この絵の帯留めのように、空間の中にひとつ人の心に印象深く残るところを作ることは大切であるということ。ほんとに、まことさんは人を楽しませながら色々教えてくださいます。唯一無二なまことさんです。

※訂正:今、「定木」を読み返していたら、かるたのタイトルは「エコいろはかるた」ではなくて「建て替えスルナカルタ」、「め」は「目に残る一点豪華」でしたー!!
間違ってごめんなさい。0617


御馳走お腹も空いてきたところで、お得意の一品持ち寄りスタイルでのお食事会開始。
私は故郷の海で採れた寒ひじき(きょんさんがさくらんぼジャムと一緒に送ってくださいました!)の煮物を持参。このひじきをバゲットに乗っけて頂くという策でしたが、無事成功!
みなさん、珍しい食材を使った料理や手の込んだ料理を提供して下さり、それはもう、幸せなひと時でした。
事務所の中にはコックピットのようなキッチンがあって、限られたスペースにきちんと機能がおさめられています。家庭ではないのに調味料が充実している理由をお聞きすると、所員さんやいろんな人が立つので自然に調味料が増えるのだそうです。調味料の置き場はキッチンにとって大切と仰っていました。

「デザートは8時から。」とのスケジュールにしっかり従って始まったデザートタイムでは、まことさんお手製のチーズケーキを頂きました。これが素晴らしく美味しくて、あちこちから「美味しい〜!」の歓声が上がります。まことさんからレシピを口伝して頂き、しっかり復唱して覚えました。今度、ジャムパの時に作ってみようと思います。
うまくいったらレシピをご紹介しますね。

自分を人と比較採点しない、まことさん。
「もの」がいかに大切か。「ものの形」がいかに人間の生きる事の大切な要素になっているか、それは理屈ではなく感性であることを、吉村事務所で学んだまことさん。
子どもに勉強するなと言い続け、子どもさんから「そんなことするんだったら勉強するぞ。」と反抗されたまことさん。いくつになられても、かわいらしいまことさん。
ジョギカイメンバーはみ〜んなまことさんに魅了されています。

きちんと整理されたスライドアルバムを拝見しながら、今度はスライドを見る会をと昭雄先生にお願いして、このひと間の温かさに後ろ髪ひかれながら、お開きと相成りました。

2010年04月12日

井上さん

父と暮らせば」の戯曲を書かれた井上ひさしさんも亡くなられました。
黒木監督ももういらっしゃいません。
大学一年生のころ、ひょっこりひょうたん島の脚本家が井上さんだと知って、子ども向けの人形劇が単なるエンターテイメントとしてつくられてはおらず、登場人物の人間関係等、ストーリーは思想に基づいた構成となっていたのだと驚きました。
これが大人ってことか・・・などとひとりごちていたものでした。
アンパンマンのやなせさんもそうですよね。私は観ていないのでストーリーをよくは把握していないのですが、子どもたちのアンパンマンへの喰いつきはすごい。
遅筆で興行に損失を与えても、芝居を打ち続けていけるだけの井上さんの力量を
久しぶりに舞台で観てみようかな。

ちなみに井上さんちの書庫は古い蔵を移築してつくられたのだそうな。
もひとつちなみに、ムーミンの不思議な歌詞 ♪ねえ、ムーミン♪ も井上さん。

2009年07月28日

山田辰夫さん

10代の頃、はじめてかっこいい!と思った役者さんでした。
「狂い咲きサンダーロード」当時の友人お薦めの一本。音楽のパンタ&ハルも。
その後山田辰夫さんがTVドラマでいい人役で出てたりするとふふと喜んだり。
知る人ぞ知る的な存在だったこともファン心理をくすぐり。。。
「おくりびと」でもさすが、相変わらずだ。。。とひとりガッツしていた。「狂い咲きサンダーロード」を今、もう一度見てみようとDVDをセットしたのはこの春のこと。
本当にいい顔になられたなあと当時の不良なルックスと比較して、しみじみ。
ずっと、役者をやっていてほしかった。年老いた時の演技が絶対すばらしいと確信できていたから。 そうだ、うそのない演技がかっこいい!と思ったんだった。

2007年12月06日

ほのるる

想いはホノルル。。。
東京マラソンの抽選に漏れてしまった彼女、
横向いてますが、想いは前向きです。
明日、ホノルルへ旅立ちます。
そうです、ホノルルマラソンに参加するのです。
ホノルルで初マラソン!
42.195卅り続けるなんて、かっこいい。

お留守番か。。。



応援に行きたいけれど
あたしは、お留守番。。。だワン
お土産は完走Tシャツかな〜
ガンバレ

2007年06月17日

主婦の床の間は、台所

「主婦の床の間は、台所なんや」
これは先述の『THE BIG ISSUE』特集記事「匂いを考える」での二部治身さんの言葉です。庭から摘んできた様々な花や野草が、小さな空きビンに活けてキッチンに飾られている、そんな写真とともに紹介されていました。
これらの柔らかな色彩や香りを楽しみながら家事も楽しむのだそうです。
二部さんは100坪の畑を自ら耕し、挿花家であり講演、文筆業も手がけられていますから、お忙しい生活だと察します。
それでも、このゆとりはなぜなのでしょうね?

やはり自らの労した経験が五感を敏感にさせ、体力も知力も豊かにさせるのでしょう。楽だけをより分けて選んで居てはだめでしょうね。

冷暖房の閉めきった部屋にいたら、五感が消える。窓を開けて蚊取り線香をつけ、団扇であおぐ。そうしたら、夏の香り、夕立の匂い、夕立があがったときのもわっとした草いきれ、土の匂い、太陽にあたった葉の濃い匂い、そういう匂いが身体の中に染みわたる。日本の四季を若い人にもっと香ってほしい、匂ってほしいと提案されています。

先日、夜、事務所を一歩出た時に、夏の香りが鼻に飛び込んできました。
それはご近所の方が焚かれた蚊取り線香の匂いでした。
窓を開けて生活していらっしゃる古い一戸建てのお宅です。
ああ、もう夏の準備をしなくては・・・と、
背中をポンと叩かれたような気がしました。


2006年02月23日

シルヴィ・ギエム

シルヴィ・ギエムのご紹介にリンクしたサイト、御覧頂けました?
私も初めて見たのですが、彼女がトップページにこんなデザインを持ってきているとは!!
バレリーナとして花真っ盛りのころは、肖像権に厳しくてプロフィール写真はいつも同じだし、メディアに使われる画像は全て許可を要していると聞いていたので、びっくりです。
バレリーナとしてのイメージをとても大切にしていた彼女も、そろそろ現役引退を意識し、次なるステージの準備しているのでしょうか。
何度も彼女の舞台を観ていますが、プログラムが終わった後はいつも深い感動に包まれます。「perfection」本当にこの言葉がふさわしいダンサー。そして、カーテンコールの時、感謝の気持ちが溢れるままに佇んでいる表情がとても魅力的。拍手を続ける手が真っ赤になってもまだ、拍手を送りたい!そんなダンサーなのです。
私、お誕生日が同じで大変うれしゅうございます。

あっ、もうひとり、とても高貴な方とも同じでした。こちらも大変嬉しゅうございます。

2005年08月15日

うえの・ちづこ書店

うえの・ちづこ書店先日、ジュンク堂に立ち寄ったおり、エスカレーターを上る際におっ!と目に止まったのがこのポスター
谷川俊太郎、養老孟司に続いていよいよ上野千鶴子・・・すばらしい。

ジュンク堂池袋本店は、店内カフェでのトークセッションや、個人書店形式のコーナーづくりなど、近づきがたいと思われている人物をぐっと身近に感じさせツツ、読書の魅力を伝える企画を次々と打ち出していて面白いです。

IDOLとなってみた「うえのちづこ」さんの今後は、益々切れ味冴えてパワーアップ・・・かな?上野さんの著書は「スッパーン」と言い切る気持ちよさが味わえて、好きなのですが。

今、養老孟司さんは大学やめて、保育園の子どもたちと大好きな昆虫採集して過ごされているそうな。一山越えると見えてくるもの・・・があったのでしょうか?

2005年03月19日

食いしん坊○△!

purpleリプトンの回し者ではございません。見事に紅茶パッケージとカラーコーディネートされた食いしん坊○△殿を激写したのでございます。紫の色合いに加えてジャケット生地の玉虫的光沢感が、どんぴしゃりパッケージと一致していたので、思わず撮影!しかしやはり、モデルはエージェントの許可がないとお顔は・・・。
しかたがないので、バストアップならぬバストダウンと相なりました。
食いしん坊○△殿の所属事務所はイエローキャ・ブーだっけ?


2005年03月12日

ミモリン

ミモリンミモリン
今朝バッタリ友だちのミモリンに会った。カメラを向けると、取材拒否。撮影はエージェンシーの許可が必要なのだ。モデルは大変だな。。。ミモリン、オスカーだっけ?