goods

2020年02月08日

素敵なお土産

1
記念にと下さったマリア像

教会敷地内の竹を切って作っているのだそう。
クリスチャンではありませんが、かぐや姫的マリア様に愛おしさを感じます。
名付けて「竹内マリア」

旅の記録、おしまい。


chou23 at 11:00|この記事のURLComments(0)

2019年02月25日

五家宝スツール

事務所の予備椅子として長年愛用しているリキスツール。予めカッティングされた2亳のダンボールを自分で組み立てて使うスツールです。1965年渡辺力さんによりデザインされ、力骨となるダンボールの10个離泪舛うま〜く組み立てクリアランスとなった秀逸品。これまで、オレンジ、黄色、青といったカラーバリエーションが好みではないので和紙を上貼りして使っていたのですが、長きに亘る使用からその摺れや汚れが気になるようになり、昨日貼り替えを致しました。
1
貼り替え前
2
貼り替え後
今回は強度を求めて揉みの越前和紙とし、
摺れ対策として座面の外角に下張りを施しました。

作業を終え、お茶でも一服・・・と買っておいた茶菓子を出して来て、
おや、びっくり! お揃いかっ!!
4

5
とんだ偶然。お菓子の名は「五家宝」


chou23 at 20:51|この記事のURLComments(0)

2017年08月11日

頂きました。

ブナの木でしょうか?
えんぴつ
5.5mm鉛筆と芯削り器です。

hold感、good!
スケッチ、冴えるかな?

感謝


chou23 at 20:31|この記事のURLComments(0)

2016年11月16日

住まいのカルタとカレンダー

お正月に向けて、カルタの準備、OK
すまいのカルタ
すまいのカルタ2

新年に向けて、カレンダーの準備も、OK
住まいのカレンダー
2016-11-15 005

女性建築技術者の会設立40周年を記念して、カルタとカレンダーを作りました。
どちらも日々のくらしの中で楽しく住まいの環境に想いを馳せて頂け、生活の知恵がお伝えできるお品となっております。絶賛発売中!!!・・・と言いたいところですが、残念ながら、どちらも今回は非売。
好評につき2018年度版カレンダーからは販売!・・・となるかもしれません。
さてさてどうなるか。お楽しみに

2016年08月06日

イイネ!!

ブックカバーお菓子の包み紙を活かして作られたというOさん作の可愛らしいブックカバー。
背にぴったり文字が収まって、なんだか「ぶらり大分」の旅に出たくなりましたよ!



2015年12月28日

100羽鶴

夜な夜な鶴を折りました。
久しぶりだったので、鶴の折り方を忘れていました。キ・ケ・ン
この折り方を最初に考えた人はどんな人なんだろう・・・?
折り始めると時間が立つのを忘れてしまい、とんでもない時間に・・・。
百羽鶴なら羽を拡げられるけれど、千羽鶴になるべく嫁いで行くので、また羽を閉じて引き渡します。羽を拡げた方が気持ち良いんだけどな〜。
さて、年内に引き渡す時間が確保できるかな?
100羽鶴3
100羽鶴4


2015年04月23日

LunchBoxの開き

2014年12月22日

サンタさん再び

ども、オードリーです。
DSCF7831
続きを読む

2014年11月18日

my 鏝

my鏝
get しました。                               続きを読む

2014年04月13日

おしゃねごたちがやって来た!

おしゃねご
事務所に35匹の可愛いネコちゃんがやってきました。
これからそれぞれの飼い主さんのところへ貰われていきま〜す♡
おしゃねご
このネコちゃんは、ひとつ一つ丁寧に宮城県東松島市矢本運動公園仮設住宅の手芸の会「とんぼの会」の皆さんが作っている『おしゃねご』です。

この地域の方言で「掴む」ということを「おしゃむ」といい、猫はネゴと濁ります。
おしゃれな猫とおしゃむ猫を掛けて『おしゃねご』と命名されたそうです。
洗濯ばさみを骨としてネコを作るというアイディア品で、もともと配給品の中にジャージ生地で作られた平面的類似品があり、もっと良く出来ないかと仮設住宅で暮らしていらっしゃる女性が改良考案し、「とんぼの会」のみなさんに作り方を指導しながら、スタート時はもっと大きかったそうですが、みんなの手が慣れてきてこの小ささ、可愛らしさに辿りついたそうです。
ひらく
おしゃねごは洗濯バサミが骨となっているので・・・
掴む
こんなことも・・・
おしゃねご腕力
こんなこともできます!
こんな風にお留守番のお子さんにメッセージを伝えてもいいですね。
手元に持っていると、どんどん愛着が湧いてくる魅力的なネコちゃんです。
『おしゃねご』は1つ500円で販売中。
注文はとんぼの会のブログからでも可能だと思いますが、私は作り手さんと知り合いましたので、直接お願いしました。
ひとつからでも対応してくれると思いますが(送料500円)、まとまった数で注文した方がよいと思います。


注文第二段も予定していますので、欲しい!という方は私まで数量をご連絡ください。(但し手渡し出来る方に限らせて頂きますね。)             続きを読む

chou23 at 17:27|この記事のURLComments(0)