plant

2020年05月11日

レモンは元気!

1
我が家の鉢植レモンが咲き誇ろうとしています。これまでになくとっても元気、コロナどこ吹く風
去年は不完全花(雌しべのない花)ばかりでした。
なぜ、これまでになくこんなに元気なのか・・・
要因として考えられるのは環境の違い。 
実は今、我が家(4階)は大規模修繕中で、ベランダの植物を事務所(1階)に連れてきているのです。
レモンさん、ずっとここに居たいかな?

chou23 at 08:39|この記事のURLComments(0)

2020年02月18日

花円弧

1
今朝目白庭園の門を潜りましたら、見事な花円弧が迎えてくれました。
白梅、満開です。


一方こちらの寒緋桜はまだ蕾
2
まちかどで見かけた一句
「まだつぼみ 官費桜は 前夜祭」
寒緋桜を官費桜と掛けてひねられています。上手い!とそらんじました。


chou23 at 10:25|この記事のURLComments(0)

2020年02月15日

蕾の期間4か月 待ってたよ!

玉の浦
今朝、ベランダの「玉之浦」が開きました。
早速活けて、楽しませて頂きます


chou23 at 10:02|この記事のURLComments(0)

2019年10月08日

風船葛

mini風船葛

ようやく涼しくなった、そんな頃に、ベランダの風船葛が実りました。
涼やかさを感じさせる植物ですので、もっと暑さの残る頃に実って欲しかった。
調べると風船葛は仲秋(9月)の季語なのですね。
種を蒔くのを少し早めると、ちゃんと季語通り、育ってくれるでしょうか。
来年は、忘れずに。

このところのお楽しみにDVDでTVドラマ「寺内貫太郎一家」を観る、ということがあるのですが、貫太郎(小林亜星)がしょっちゅう障子を突き破ったり箪笥を倒したりして暴れる茶の間に、いつも花が生けてあることが印象的です。
長女の静江(梶芽衣子)とお母さん(加藤治子)が、お客様がいらっしゃる準備に、生ける花は何が良いか、相談するシーンもありました。
お向かいが花屋「花くま」さんということもあるのでしょうね。
お父さんが暴れるから茶の間はどうでもいい、とならないところが素敵です。
茶の間は大切な場所。
暴れる人はいませんが、私も茶の間に花を生けておこうと思います。
うちにもお向かいに花屋さんがあるのですが、買いに行く時間がないので買ってこなくても良いように、ベランダ栽培も頑張ります。

「寺内貫太郎一家」、上手い役者が揃っていて、名作です。

chou23 at 12:34|この記事のURLComments(0)

2019年08月12日

桐の幼木

ご近所の空き地に草が生え放題。色んな植物が自由に育つその中で、春先から雑草の素振りで生え始め、グングン成長し半年で他を抜きん出てもはや草ではない姿になったこちら、一体何ものぞ???と調べましたら・・・、

巨大な葉
桐の幼木

桐の幼木でした。
桐の幼木の葉がこんなに大きいとは知りませんでした。葉の大きさが成長の早さに関係しているのでしょうか? 光合成量半端ない!とか・・・ 
成木
こんな成木の姿になる前に整地は始まるかな?
 

桐は、その軽さが特徴ですね。箪笥や下駄となって活かされています。
早生樹と呼ばれる樹木の比重【キリ(0.29辺り)、スギ(0.38辺り)、ヒノキ(0.41辺り)、ユリノキ(0.42辺り)、センダン(0.58辺り)】からは、成長が早い木は、センダンの様な例外もありますが、軽いものが多いということは言えるようです。杉、檜などの針葉樹や栴檀、ゆりの木などの広葉樹もありますので、成長の早さの決め手は葉の形ではない様ですが、やっぱりこの桐の幼木の葉の大きさは、成長の早さに貢献しているように思えるのです。思えませんか?

chou23 at 13:48|この記事のURLComments(0)

2019年05月20日

初めましての出会いはたのし

半年ぶりにセミナー開催のために「江戸東京たてもの園」へ。朝、会場への道すがら出会った初めましての植物。名は何というのだろう・・・? あやめの仲間か?と見当を立てて調べますと「チリアヤメ(ハーベルティア)」と出ました。帰路もう一度見ようと目をやっても見当たらなかったので???と思っておりましたら、夕方にはしぼむと説明書きがありました。なるほど。
DSCF1890
こちらも初めましてでした藤花を重力逆転させた様な姿の花。花の形状からマメ科で調べましたら「ノボリフジ(ルピナス)」と出ました。ノボリフジとはなんと覚えやすい和名。
DSCF1885
こちらは冬の間黄色い花が香りを楽しませてくれた「素心蝋梅」の実。「素心蝋梅」は大好きな植物です。花期の可憐なイメージを一転させる大きく結実した姿。種は有毒、食べてはいけません。
DSCF1896

初めましての植物との出会いも楽しいものですが、二度三度と出会い「あ、○○!」と名前を言える様になるのも楽しい。これはお客様との関係でも同じ!
今回のセミナーもお客様のお人柄に恵まれ、午前の座学、午後の見学と、楽しく進行させて頂くことが出来ました。
ご参加頂きました皆さま、ありがとうございました。

chou23 at 12:49|この記事のURLComments(0)

2019年04月01日

満開

花曇りに染井吉野が溶け込む日が続いていましたが、久しぶりに青空が背景となりました。さて、新元号は後30分程で発表です。何となりますことやら、ね。
満開
満開

目白庭園の枝垂れ桜は、ライトアップで夜間も公開されています。水鏡に揺らぐ夜桜はとても幻想的で、仕事モードを解きほぐしてくれます。
夜桜
夜桜

追記:
新元号は『令和』と決まりましたという情報が、ツイッターで入って来ました。「平成」の発表では起こり得なかったこと、時代が動いていますね。

chou23 at 11:05|この記事のURLComments(0)

2019年03月24日

明日館の桜

三分咲き
今朝の明日館の桜は三分咲き、来週末辺りが満開でしょうか。
お花見ランチも楽しみです


chou23 at 12:35|この記事のURLComments(0)

2019年02月05日

よかん(余寒)

3
昨日関東では、春一番の吹いたところもあり、暦通りの立春となりました。
八重の紅梅は枝々すっかり賑やかとなり、いつも後咲きとなる白梅も、ポツンと一輪開花。変わって今日は、天気予報で冷え込む余寒とありましたので、構えておりましたがさほどでもなく一安心。
4
昨日の陽気にびっくりポン!の白梅さんも、余寒を上手に凌いでね!!


chou23 at 12:56|この記事のURLComments(0)

2019年01月20日

梅の開花

暦では大寒ですが、こちらは良いお日和のセンター試験当日となっています。
八重紅梅
春の気配を感じて、目白庭園の八重紅梅が昨年よりも少し遅く、開花しました。
受験生の桜も咲きます様に!!


chou23 at 12:29|この記事のURLComments(1)